mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
感動プログラミング
映画でもドラマでも小説でも「泣かせにかかる」のは常套。
映画「世界の中心で~」がやたらと取り沙汰されます。

「世界の中心で~」について、こんなことを聞きました。

どのシーンで泣きますか?という調査をしてみたところ、
大部分がCMで流れていたシーンだったそうです。

「助けてください!」と悲愴に叫ぶシーンや、
オーストラリアでの空撮のシーンが来ると、
涙が流れましたとのこと。

多くの人が感動するシーンだからCMに使ったのか、
CMで「このシーンが感動するポイント」と刷り込ませたのか。

需要と供給。感動したい人がいるから、
感動できる場所とものを与えるのではないでしょうか。
ただ、他者と同じ場所で、同じものを見て、
同じポイントで泣くというのは驚きますね。

「本当に」感動しているのか、
感動していると「思いたい」のか。

2004.08.30
[PR]
by 4n8f | 2004-08-30 15:42 | そのほか

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか