mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
舞台照明の役割を考えてみる
舞台中央、客席寄りに立ち、
スポットライトを浴びながら
役者が叫んでいる…

いわゆる「演劇」と聞いて、
一般的にイメージされるのは
こんな感じでしょうか。

今回のテーマは
「芝居の中で照明は
どのような役割を果たすのか」。

抽象的な話です。
そして持論です。思うままに。

照明は舞台を照らしているのか?
それとも役者を照らしているのか?

妙な言い方をするならば、
舞台にいる役者が発する言葉を
照らしているのかもしれません。

言葉に光をあてる。
言葉を引き立たせる。
言葉を観客に届けるサポート。
セリフ、ではなく、言葉。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
派手な光(カラフル・ライティング、
ストロボ、逆光、カラフル電飾、
レーザー、ムービング・ライト)は、
それだけで観客から注目されます。

けれどもそれは役者が発する言葉に
注意が向いていないことを示します。

言葉を際立たせたい時、
特定の言葉を強く印象づけたい時、
光は徹底的に脇役に回ります。

脇役であってチョイ役ではありません。
できれば名脇役であってほしい。

抑えすぎず、目立ちすぎず…
そういう微妙なポイントが
存在するのではないでしょうか。

終演後、観客の頭の中に
舞台の視覚的イメージが残り、
「あのシーンのあの言葉が印象的だな」
などと思ってもらえれば、
言葉を届けることに成功した、
と言えるでしょう。

最近はこんな感じで芝居を観ています。

2005.01.26
[PR]
by 4n8f | 2005-01-26 16:42 | ライト・舞台

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか