mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
D.D.はきちんと終了したのか
今回の記事は、局所的な内容です。
TM NETWORKについて。

「トリビュート」が物議を
かもしているわけですが…

問題点は、結局のところ、
DOUBLE-DECADE(D.D.)は
本当の意味で成功したのか、
というところに行き着く気がします。

「楽しかったからいいよ」では
済まされない問題だと感じています。
そんな一介のTMリスナーの考えを
つらつらと書き残してみます。



■■■
個人的に、D.D.がしっかり
終わっていないと思っています。
少なくともファン投票ベスト盤で
終わりとするのは納得できないなあ、と。

同じような感覚の人は結構
いるんじゃないかなと考えてますし、
武道館ライブが楽しかったから
それでOKという人も多いと思います。

ただ、D.D.を締めるにあたり、
ベスト盤リリースという形で
お茶を濁してしまった(と僕は思う)ところに、
TMマイナス1名のトリビュートが発表されたため、
素直に歓迎できないのが個人的な気持ちです。

エピックさんのDVDリリースはとても嬉しいですし、
意義あることだと考えていますが、
我思うに…
D.D.の締めは「今のTM」に
やってもらいたかった(やってもらいたい)。


今のTM=メンバー自身、今のスタッフやレコード会社
ということなんですが。

具体的に何が締めとしてふさわしいのか、
それはなんとも言えません。
「GREEN DAYS」のリリースなのか、
トランシーな曲でのクラブ・ツアーなのか、
リミックス・アルバムなのか…

きちんとD.D.が締まった、
と多くのファンが捉えていたのなら、
トリビュートも純粋にひとつの企画として
受け止められたのではないでしょうか。

責任が供給側にあるのか、
あるいは受け手側にあるのか、
そのあたりはまた別の問題ですかね。

参考記事:86400秒の事

2005.02.10
[PR]
by 4n8f | 2005-02-10 19:26 | 音楽レビュー

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか