mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
リアルタイムミュージック
「音質は現状まで向上していれば、
もはやさして重要でない。なぜなら、
ユーザーは聞き分けられないから」
というパネラーの発言について。
音楽産業、音楽配信と着うたフルで何が変わる!?
globe decade Blogより

音楽をビジネス中心に考える方々は、
やはりCDとライブという商品を
売らなきゃならないわけで。
CDを買い続ける人はライブにも
行くでしょうから、CDを売るために
アレコレ手を尽くしているんでしょう。

まだ音楽配信はCDを売るための
プロモーション手段としてしか
考えられていないのでは?

業界がCDセールスにこだわっている
というのもありますし、CDの方が便利だ
と思うリスナーは多いはずです。

とすると、配信の音質は高くなくても
最低限であればよく、認知されて
CDが売れればいいという考えに至ります。

けれども、小室さん含め、
音楽配信に前向きな作り手は、
配信そのものを商品と捉えているはずです。

つくったままの音質で素早く届けたい、
だから高音質であるべしと言う。
プロモーションと考えていたのは
もう5年以上も昔のことですしね。

この音を聴け!でもいいし、
この言葉を聴け!でもいいのですが、
作り手が感じた高揚感を
リアルタイムで感じてみたいですね。
ライブとしてだけでなく音源としても。

2005.04.18
[PR]
by 4n8f | 2005-04-18 11:56 | 音楽配信

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか