mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
音を選べる楽しさ -TKと音楽配信_04-
藤本健のDigital Audio Laboratory
第196回:WMAロスレスの音楽配信サイト「@MUSIC HD Sound」
~ 小室氏とavexが提唱するHDサウンドとは? ~

AV Watchより

6/20に行なわれたカンファレンスの
パネルディスカッションの内容が載っています。
「現状を変えていこう」という姿勢が感じられ、
けっこう期待してもいいと思います。

例によって小室さんの言葉を引用させていただきます。

ビートルズ、ストーンズみたいな、もっといえばドアーズやジミヘンみたいな音がいいという人は後からいくらでも好きなだけローファイにすればいいんです。でも録るときは、できるだけいい音にしておき、素材として持っていても悪くはないだろう、と思います。

(また、高音質配信において、
作り手としてのメリットはどのようなものか聞かれ…)

選択できるようになる、ということが最大のポイントでしょう。一番いい音から、ローファイまでどれにするかを個人個人が選べる。とくにクラシック、ジャズ、インストといった曲、また声質を売りにしている作品などでは、高音質フォーマットによって大きな恩恵が得られます。このように、選択肢が広がるということはいいです。

エイベックスの前田治昌氏も述べていますが、
「作り手とユーザー、双方の選択肢を増やすべき」
という考え方が小室さんにはあるようです。

ユーザーにとって、
「自分で選べる」という感覚は重要でしょうね。
少なくとも「選ばされている」よりはストレスが小さい。
ストレスが小さい方を支持したいでしょうし、
消費にもつながっていくはずです。

圧縮音源でも気にならない人、
CDレベルであれば充分な人、
HDサウンドが聴きたいマニア。
もちろん、着うたOK派もいますしね。

容量や利便性も含めて、
選べるリスニング・スタイルがよろしいかと。

2005.07.12
[PR]
by 4n8f | 2005-07-12 11:29 | 音楽配信

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか