mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
esとesをカメラ越しに眺めるes
es』という映画について。
話そのものは上記のサイトでチェックしてもらうとして。

esとは「本能的欲求」であり、普段はコントロールされている。
それが「状況の力」によってタガが外れ、暴走してゆく。

実験者は被験者の様子を監視カメラでチェックしていた。
実験が危険だと認識しながらも、
「この先、どうなるのか」を知りたいがために止めなかった。

esとは、暴走した看守役でもあり、
強く抑圧された囚人役でもあり、
そして実験を続けた実験者でもある。

「欲求」が暴走し、別の「欲求」が抑え込まれている様子を
さらに違う「欲求」がモニター越しに眺めていたのである。

ラスト・シーンの少し手前、ぼろぼろの「囚人」と「看守」が
地下通路の両脇で立ちつくす。
(撮影の)カメラは彼らに近づき、そして遠ざかっていく。

不思議かつ不気味なのは、全員がカメラ目線だったことだ。

2004.09.23
[PR]
by 4n8f | 2004-09-23 22:59 | フィクション

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか