mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
偶然、東京奇譚集に出会う
東京奇譚集村上春樹『東京奇譚集』

まったくもって偶然なのです。
髪を切って、本屋にふらっと入ってみたら、
そこに村上春樹の短編集がありました。
どうやら刊行日は明日みたいです。
昨日あるいは今日、並んだわけですね。
刊行されることなど全く知らず、これでは
村上春樹が好きだと言えないかもしれません。
でもその偶然が、なんだか嬉しいものです。

さわりだけ読んでみました。面白そうです。
腰を据えて読めるかは分かりませんが、
自分なりの感想をまた書いてみようと思います。

2005.09.17

■追記■
昨日、やたらと「偶然」を強調しましたが、
それこそがまさしく偶然でした。

各短編のタイトルを見ずに、最初の話の
10行ほどを読んで買おうと決めました。
その後、このブログに記事をアップしました。
時間をかけて読みたかったので、
この時点では開きませんでした。

夜、寝る前にひとつ読みたくなり、
最初の短編を読んでみることにしました。
その時、タイトルを確認すると、
驚いたことに「偶然の旅人」でした。
いやはや、偶然に出会った本の中身が
偶然について書かれたものだったとは。

まったくもって偶然なのです。
「ある種の不思議さに打たれる」、
と村上春樹は書いていますが、
まさしくそのような感じですね。

2005.09.18 (13:55)
[PR]
by 4n8f | 2005-09-17 15:26 | フィクション

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか