mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
水曜天幕團「蟹頭十郎太」
水曜天幕團の公演「蟹頭十郎太」をDVDで観ました。

おもしろかったです。

内容はポップで分かりやすい時代劇。
展開は予測できてしまうものだけれど、
泣かせどころをちゃんと分かっている。
だからこそ、物語に引き込まれて、笑って、
感動できる芝居になったのだと思います。

ライトが沢山あって、色々なパターンの光を
見ることができましたが、殺陣のシーンは
もっとかっこよくなったはずだと思いますね。
装置(水が落ちてきたり、龍が出てきたり)の
インパクトが強すぎたせいかもしれませんが。

■■■
何だかんだ言ってもやはり、
このクオリティの高さはすごいと思います。
水曜天幕團の中核を担うのは
北海道テレビの「水曜どうでしょう」と
劇団ユニット「TEAM-NACS」です。
ともに「地方発信エンタメ」の成功例でしょうが、
その成果を存分に見せつけられた気がします。

「水曜どうでしょう」やTEAM-NACSが
今やローカルテレビやローカル劇団の
モデルになる、あるいはなっていくのでしょう。

ちなみに…
つくばのケーブルテレビは「水曜どうでしょう」を
パクろうとして結局パクリきれていません。
パクるなら思いっきりパクればいいのに。

2006.01.23
[PR]
by 4n8f | 2006-01-23 19:13 | ライト・舞台

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか