mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
株式会社ミクシィ
「いいサービスと収益は両立する」――株式会社ミクシィ始動
 mixiのユーザー数は、2月1日時点で266万人。
 1日あたりのページビュー(PV)は1億3000万を突破した。
 (中略)
 mixi事業は2005年3月から単月黒字化し、
 「ユーザー増に比例して収益も伸びている」という。
 収入源は、広告と有料サービス「mixiプレミアム」
 (月額315円)で、広告が半分以上を占めている。
ITmedia Newsより引用

mixi絶好調、ということでしょうか。
みんな、意外とつながっていたいのだ。



mixiのビジネスモデルはともかく、
そこに集う人間の心的プロセスに興味あり。
友人のブログから面白い記述を引用しましょう。

ロンリー・ウルフ・クライシス:mixi
 カッコ内の数字、友達誘ってなんだかんだって、
 ある程度数字溜まればもうめんどくさくなる。
 100っていう人がほとんどいないのは、
 多分そんなとこなんじゃないかな。
 その人数分、サイト更新の案内がくるのよ。
 本当に大事な人の更新情報を見落としてしまう。
管理人LWCのコメントより引用(TB済み)

mixiの友人紹介はビデオテープみたいなものです。
とりあえず録っておこうと思って録っても、数回しか見ない。
どうでもいいようなテープが増えるほど、
大事なテープが見つからなくなるのでしょう。

何十人のマイミク、何十ものコミュニティ登録。
そういう人を見ると、数字を増やすゲームを
やっているのかなと思うときがあります。
誰しも数字を増やすのを目的に掲げていないでしょうが、
ふと考えてみると目的になっていることがありませんか?
そして、LWCが言うように、
ある程度の数になればもういい、と思うわけです。
勢いで増やしたマイミクやコミュニティとの関わりの
密度は次第に低くなっていくんじゃないでしょうか。

密なネットワークは案外小さいもののような気がします。
いつでもどこでも誰とでもつながることができるけれど、
まともにつながっているのは自分の周辺くらいなのでは?

時間の経過とともに、リアルな感触のあるものが残る。
バーチャルな関係のおかげで、リアルな関係の
価値が相対的に高く感じられるのかもしれません。

mixiによって、リアルな人間関係の再確認ができる、と。
変な話ですが。

2006.02.03
[PR]
by 4n8f | 2006-02-03 14:41 | そのほか

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか