mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
LED transportation
可視光通信という
新しいデータ通信のスタイルがあります。
LED(発光ダイオード)に専用の
レシーバーをかざすと、
LEDの点滅パターンから
情報を読み取れるシステムです。

つまり、照明器具があるところなら
どこでも情報を得られるようになる
というわけです。

信号待ちの間に信号機のLEDから
その信号周辺地域の情報を与え、
探索してもらうという狙いもあるそうで。
あるいは、何秒で青になるかといった
情報も役立つかもしれない、とのこと。

照明器具はどこにでもあり、
必要以上に削減できないので
ある程度の設備は整っています。
そこに通信の機能を組み込めば
コスト・ダウンを図れる、という発想らしいです。

とは言え、LEDの搭載が必要ですので、
「光あるところ全てが情報発信源」
とはいかないでしょう。
とりあえずはLEDのさらなる普及が先です。

ま、光の概念が変わるかもしれない
というところがおもしろいですね。

2004.10.05
[PR]
by 4n8f | 2004-10-05 17:38 | ライト・舞台

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか