mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
UnderTheSilentLibrary
24時間開いている図書館があったらいいな。四六時中本を読んでいたいわけじゃないけど、真夜中の図書館というものを体験してみたい。ただでさえ静かな空間が、さらに静かになるというのは、なかなかイメージできない。本棚の本が動き出すなんてことはないよね…おもちゃのチャチャチャ、メトロポリタン・ミュージアム、懐かしい。何も動かない、しんとした空気の中で、どんなことが頭に浮かぶんだろう。



24時間営業の美容室、というのは聞いたことがある。大変な時代ですこと。夜に髪を切ろうなんて私は思ったこともないけど、それって一体どんな感じなんだろう? 意外とテンションが上がるかもしれない。真夜中のマジック。いろんなものを終わらせたい時にはちょうどいいかもしれないな。髪を切って、眠って朝が来たら、さあ始まるよ、って。

雪の降る夜みたいなものかな。日付が変わる頃の無口な図書館は、音もなく雪が降っているような感じかもね。窓を開けて確認するたび、雪が積もっていくのが分かる。大粒の雪が部屋の光に照らされる。どんどん積もる。どんどん積もれとつぶやく。窓を閉めてカーテンを閉めると、少し微妙な気持ちが戻ってくる。雪が積もれば積もるほど、ぽつんと取り残された感じになるけれど、同時に、もっと降ってと願っている。朝になったらまっしろでまっさらな世界に出会える。

図書館で朝を迎えたことのある人は、そうそういないと思う。図書館の下で、というのならともかく。朝の光に照らされた図書館はまた違う表情を見せてくれるのかな。ファミレスに朝までいてもいやぁな気分になるだけだけど、図書館だったらまた違うはずだ、きっと。あと8時間とかそれくらいかな…と考えてみたところで、閉館を告げるアナウンスが流れた。まあ、図書館なんて12時間開いていれば充分なんだよね、やっぱり。読んでいた本を閉じると、パタンという音が意外と大きく響いた。
[PR]
by 4n8f | 2007-03-23 23:44

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか