mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
カテゴリ:音楽レビュー( 48 )
OVER THE RAINBOW
初代COLTのCMを覚えているでしょうか。
あのMITSUBISHI MOTORSの車です。

2002年から2003年にかけて流れたCMで、
「Over the Rainbow」の色々なバージョンが聴けました。
自動車CM大全―コルトのCMによると、
元ちとせや松任谷由実(このあたりは記憶に有り)、
山崎まさよしやクリスタル・ケイが歌っていたそうな。

もちろん、melody.のバージョンも覚えています。
このバージョンは映像と一体化して覚えていますね。
「お姉ちゃんは、何でも選ばないと気がすまない」
とかなんとか、言っていた気がします。

先日、「CM曲なんて…」と非難してみたのですが、
実はこのCM曲がきっかけで、(聴いた1年後ですが)
melody.のアルバムを買っているんです。

コマーシャリズムの渦に飲み込まれつつ、
ちょっとした二律背反を感じつつ、
いい曲はいい曲だからまあいいか、に落ち着く。

2005.07.03
[PR]
by 4n8f | 2005-07-03 13:31 | 音楽レビュー
眠れる狂気を発掘する
SLEEPING MADNESSケンイシイのアルバム『SLEEPING MADNESS』が、
現在のヘビー・ローテーションとなっています。

ケンイシイと言えばテクノ、
ハードな音をつくる人、というイメージがありました。

テクノ・サウンドを、ポップで
聴きやすい形に落とし込んでいて、
それがとても心地良い…という感想を持ちました。

いわゆるイージー・リスニングのように、
BGMとして違和感がない音でもありますし、
大音量でかければ踊れる音楽としても成立する、
バランスのいいアルバムかなと思います。

過去のいい曲、いいアルバムに出会うと、
嬉しさや気持ちよさと同時に、悔しさを感じます。
「何故もっと早く聴くことが出来なかったのか」

アーカイブとは、そういうものかもしれません。

2005.06.23

■TB先■
ムラムラ読音研:Future music
[PR]
by 4n8f | 2005-06-23 16:11 | 音楽レビュー
ピンク・フロイド再結成?
ピンク・フロイド再結成へ=ライブ8で公演
livedoor Newsより

ピンク・フロイド再結成???
しかも、この書き方からすると、
4人そろっての再結成になりそうです。

そもそも、ウォーターズが「脱退」する形になって、
ほかの3人で94年?あたりまで続けていました。
ですから、カムバックといったところでしょうか。
ただ、パーマネントな活動をするかは分かりませんね。

「Money」という曲を歌っていた人たちが
貧困救済のために再集結する…。

妙な話です。

でも、このバンドの照明はすごいんです。
ライブビデオでしか観ていませんが、
光の洪水の極みですよ、本当に。

2005.06.13
[PR]
by 4n8f | 2005-06-13 09:48 | 音楽レビュー
とんがり!とんがり!
某ドラッグストアで聴いた不思議な音楽。

スーパーマリオのピコピコフレーズを
テクノに乗せ、変な歌詞のオンパレード。
こりゃ電気グルーヴかなあと思っていたら
「トンガリキッズ」という三人組のデビュー曲、
その名もまさしく「B-DASH」でした。

シングル「トンガリキッズ I」

耳に残る残る。
そして気になる気になる。

2005.05.21
[PR]
by 4n8f | 2005-05-21 14:50 | 音楽レビュー
EVERYTHING, EVERYTHING
ようやく、アンダーワールドのDVD
EVERYTHING, EVERYTHINGを視聴しました。
ポイントは「視」&「聴」です。

やはりアンダーワールドは音と映像の
両方に触れねば語れないと実感しました。

ハイスピードでスクリーンに映される
幾何学模様や自然、人間のイメージ映像と
リアルタイムのライブ・ミックスの相乗効果で
ぐいぐいとトランス状態に持っていかれます。

さらに音圧なるものを身体で感じる、
いわゆる「触」が加われば最高でしょうね。

2005.05.12
[PR]
by 4n8f | 2005-05-12 10:49 | 音楽レビュー
OT40
奥田民生のプロモーション・サイト
WWW.OT40.NET」が始まりました。

「CDは出したいけどプロモーションはしたくない」
そうのたまう人がインターネットを使って
行なうアルバム・プロモーションです。

5/12まで開設されているそうです。
一度覗いてみてはいかがでしょう。

個人的には、
(元?)タートルズの「山本のぼる」を久々に見て、
なんだか感慨深いものがありました。

2005.04.27
[PR]
by 4n8f | 2005-04-27 16:44 | 音楽レビュー
0421
僕の中の時間感覚には
TM暦なるものが作用している。
TMのデビューが1984年、
そこから今年は21年経つ、
といった時間経過の基準。

昨年の4月21日、
この時間は横浜アリーナにいました。

TM NETWORKの姿は
LEDディスプレイでしか
見えませんでしたが、
そのキックとベースが身体を
直撃したのをまだ覚えています。

身体で感じた音は
身体が記憶し続けます。

2005.04.21
[PR]
by 4n8f | 2005-04-21 19:33 | 音楽レビュー
「Next to You」のビデオ・クリップ
記憶の国際学会TICが行なわれている
つくば国際会議場(エポカル)で気づいたこと。

エポカルにあるモニターのひとつは
海外のニュースを流しており、
もうひとつはシンガーmelody.の
ビデオ・クリップを流していました。
しかも一日中、エンドレス。
トイズ・ファクトリーも不思議な
プロモーションをするなあと思ったのですが…

NEXT TO YOU」という曲ですが、
よくよく見てみると、なんとなく
見たことのある建物が映っていました。
それもそのはず。
自分が立っている場所だったからです。

エポカルのエントランス・ホールで
主に撮影されていたようです。
クレジットが確認できなかったので
確証を得ていませんが、
椅子やテーブル、エスカレーターや
柱からして、まあエポカルだろうと。

Over the Rainbow」の
トランス・バージョンがきっかけで
melody.をちょこちょこ聴いています。

学会を開催している場所と
ビデオ・クリップの舞台が同じというのは
なかなか奇妙なシンクロです。

2005.03.15
[PR]
by 4n8f | 2005-03-15 12:46 | 音楽レビュー
WORLD'S END
TM NETWORKのライブビデオ(DVD)は、
ワン・ステージをそっくり収録することが
あまりありません。
とくに1994年までの10年間では、
「つぎはぎ(よく言えばコラージュ)」で
一本の作品を構成していたようです。

WORLD'S END RHYTHM RED LIVE

15年も前のライブ。
僕は10歳かそこらでした。
行ってみたかった、そして
COME ON EVERYBODY」を
観て、聴いてみたかった。

ピアノ系の音を乗せたダンス・ミュージック。
とんがっているけれど
色気のある音になって、僕は好きです。

2005.03.10
[PR]
by 4n8f | 2005-03-10 10:45 | 音楽レビュー
くるり・ヘビー・リスニング
音楽をつくっている人にとって、
「前聞いた***に似ている」とか
「***の影響が感じられる」といった
評価(というか感想)は、嬉しいのでしょうか?

とか考えながらも、
「くるりの『アンテナ』はプログレっぽい。
イエス、ピンク・フロイド、EL&Pの要素を感じる」
と言ってしまう自分がいます。

既存の何かに当てはめて考える方が
説明する時には楽になりますから…。

まあ、単純にプログレが好きで、
それに似た印象を受けたから、
嬉しくなって、こう書いてみた、
と言うのが正確なところですかね。

プログレがどうのこうのは別にして、
やはり、シングルの「ロックンロール」は
すかっとした気持ちにしてくれる、いい曲です。
これはかなりオススメです。

『アンテナ』インタビュー(Excite Music)

2005.02.20
[PR]
by 4n8f | 2005-02-20 13:16 | 音楽レビュー

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか