mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
カテゴリ:音楽配信( 79 )
悪貨は良貨を…
携帯電話の音楽プレーヤー化は
Apple株価に悪影響――米紙報道

>>携帯電話会社がほとんどの携帯に
>>音楽プレーヤー機能を組み込むことになり、
>>非常に人気の高いAppleのiPod音楽プレーヤーの
>>成長を緩やかなものにするとしたら、
>>急伸しているApple Computerの株価は
>>行き詰まるかもしれない。
ITmedia Mobileより引用

iPodは携帯電話によって駆逐されるのか?
そうやすやすと滅びはしないでしょうが、
「iPodのバッテリー、ヤバイよね」という声を
聞くたびに、大丈夫?と思ってしまいます。

オトナの世界は計り知れません。
アップルは携帯電話とどう戦っていくんでしょうね。
PHOTOに活路を見出せるとは思えませんし、
ケースやスピーカー、リモコン等の
周辺アイテムに頼るわけにもいかず。

ソニーもMSもアップルも、もっとがんばれ。
悪貨が良貨を駆逐する時代ではないでしょう。

2005.06.28
[PR]
by 4n8f | 2005-06-28 19:16 | 音楽配信
「ramblin'」を読もう
音楽配信メモ:
音楽配信専門フリーペーパー「ramblin'」創刊&坂本龍一インタビュー

音楽配信を扱うフリーペーパー
「ramblin'」が創刊された、とのこと。

ウェブ上でも読めます:ramblin.jp
中身の性質上、ウェブで
読む方が合っている気がしますな。

坂本龍一氏のインタビューは
なかなか興味深いものがあり、
読みやすさの点でも○です。

ページを「めくる」ごとにクリックして
ズームさせねばならず、それが難点。
でも、見やすく、読みやすいので、
これなら電子出版もメジャーに
なっていくかもしれませんね。

閑話休題。

新しい音楽のカタチが見えつつあります。
舞台が出来つつあります。あとは役者です。
作り手もそうですが、聴き手も役者です。
どんどん舞台に乗っていきたいと思います。

2005.06.26

Yutalog:Free Paper「ramblin'(ランブリン)」
[PR]
by 4n8f | 2005-06-26 14:34 | 音楽配信
6月24日、音について考える
TM NETWORKの曲を集めて、
NWで聴くプレイリストをつくってみる。
選曲がマニアックであることを承知で書く。

01. SCREEN OF LIFE -SINGLE MIX-
02. RHYTHM RED BEAT BLACK -HOUSE SAMPLE FOODS MIX-
03. LOVE TRAIN -EXTENDED MIX-
04. 10 YEARS AFTER -BOB BLOCKMAN MIX-
05. WE ARE STARTING OVER
06. TAKE IT TO THE LUCKY
07. nuworld
08. TIME TO COUNT DOWN -LABO MIX-
09. TAKE IT TO THE LUCKY -ALBUM MIX-
10. SCREEN OF LIFE -EXTENDED MIX-
11. PRESENCE


2004年のアルバムを並び替えて、
近い音の曲を埋め込んだという感じです。
と言うか、1年前のライブのセット・リストを
真似してみたいだけなんですが。


バスや電車で音楽を聴くようになりました。
そして、エンジン音や「ガタゴト」のせいで、
低音部が聞こえなくなることを知りました。

ベースやキックはかき消されてしまいますが、
スネアやハイハットは高いので聞こえます。

低音を聞こえるようにするために音量を上げると、
高音のリズムやボーカルが大きくなりすぎる。
いわゆる「シャカシャカ」はそのせいなのでしょうね。

低音がノイズに負けるのは、性質上当然でしょう。
お気楽な素人としては、骨伝導であったり、
他のまだ見ぬテクノロジーで解決する日が待ち遠しい。

2005.06.24
[PR]
by 4n8f | 2005-06-24 17:11 | 音楽配信
ハイ・ディフィニション・サウンド
HD Sound LABORATORY
@MUSIC HD

HDサウンドに関するサイトです。
OnGenのglobe特集でも、
16bit・24bitのHDサウンドが配信されています。

CD並みの音楽配信が実現するんですね。
物理的な音質というよりも、
「心的な音質」が向上するというのが、
実質的な変化である気がします。

さらに、CDをはるかに超える音質が、
ソフトとハードの両面で実現したら、
どういうリスニング環境になるのでしょう。

一般人の耳には大きな影響はないのでしょうか?
それとも、明らかにキレイな音になるのでしょうか?
いやはや、楽しみになってきました。

2005.06.23
[PR]
by 4n8f | 2005-06-23 18:57 | 音楽配信
NWを買いました
ネットワーク・ウォークマン(NW)を買いました。
やはりメジャーなiPod miniとの間で揺れ動き、
他社のプレーヤーに目移りしたこともありますが、
結局のところNWに落ち着きました。
音質や容量に大差が無いのであれば、
個人的大注目の有機ELディスプレイを搭載し、
デザインが洒落ているNWがよいであろう、と。

さっそく曲を転送して聴いてみました。
そこで、主観的ユーザビリティ評価!

【1】ホールド時に問題あり
【2】アルバム単位が基本

【1】
イヤホンとの接続部が動くようになっていまして
(腕時計にある時刻合わせの部分みたいなもの)、
一番内側に押し込むとホールド状態になり、
一段階外側に引くとジョグで曲送りができ、
さらに外側に引くとアルバム単位で送ることができます。

このジョグが敏感でして、少し動かしただけで
曲の頭に戻ったり、スキップしてしまうのです。

問題は、曲送り状態からホールドにするため、
内側に押し込むと、ジョグが動いてしまい、
曲の頭に戻ったり、次の曲に移ってしまう
ことです。

ですから、ホールドにするためには、
ものすごく注意して動かさねばなりません。
ホールドから外側に引くときも同様。
操作するたびにストレスを感じます。

【2】
アルバムの曲をそのままの順番で
転送すれば、何の問題もありません。

プレイリストをつくって転送すると、
ちょっと困ったことが起きます。

ともに5曲入りの『A』というアルバムと
『B』というアルバムを転送したとします。

オリジナルの曲順でも楽しみたいのですが、
ふたつをあわせて好みの順番で聴きたいので、
混ぜ合わせたプレイリスト『A+B』をつくって転送します。

すると、どちらのアルバムでも
同じ曲が続けて登録されてしまい、
10曲入りのアルバムになってしまうのです。

つまり…
『A』の収録曲が1.a 2.b 3.c 4.d 5.eとすると、
『A+B』転送後に『A』を開いてみると、
1.a 2.a 3.b 4.b 5.c 6.c 7.d 8.d 9.e 10.e
になっているというわけです。
これでは聴きづらいでしょう。

この問題は、試行錯誤して解決しましたが、
まあ、不親切なこと極まりない。

■■■
低音を強めることができたり、
ディスプレイがきれいだったり、
連続再生時間が長かったりと、
悪いことばかりではありませんが、
操作性と聴き方の制限という二重の意味で、
「使い勝手が悪い」という結論に至りました。
もっとがんばれソニー。

2005.06.17
[PR]
by 4n8f | 2005-06-17 14:18 | 音楽配信
「買う傾向」よりも「聴く傾向」を
スペインの新興ネット企業が新手の音楽推薦サービス
ITmedia LifeStyleより
(以下、斜体は引用部分)

MusicStrands社は、
曲の購入パターンだけでなく、実際の
聴き方のパターンをとらえる
」ことで、
リスナーに音楽をレコメンドするとのこと。

また、
リスナーが曲を聴く時間帯や、
あるタイプの音楽の後で
どのタイプの音楽を聴くか

ということも分析できるようです。


ビジネスとして曲を推薦するのは
余計なお世話だと思いますが、
リスナーの音楽リストを探って
傾向を割り出そうとするのは、
なかなか面白いことだと思います。

と言いますのも、
リスナーが求めているものを
セールスのみから割り出しても、
それはリスナーを見ていないことに
なってしまうと思うのです。

CDセールスが落ちているからと言って、
音楽愛好家が減少しているとは限りませんし、
CDを買わない人々がごっそりと
着うたに流れているとも言い切れず、
もしかしたら、
レンタルしてiPodで聴いているかもしれません。

以前よりもヒット曲が少ないのは、
過去の曲をプレイリストに入れて
繰り返し聴く傾向にあるからかもしれません。


HDリスニングの更なる普及は必要ですし、
個人情報の保護やら分析の信頼性やら、
危なっかしいところは否めません。

だがしかし。
リスナーの気持ちを本気で探ろうとすることで、
業界の閉塞感やリスナーの不信感が
少しは解消されていくのかなあと思います。

「買う傾向」も重要ですが、それ以上に
「聴く傾向」の方が重要だろうと、我思う。

2005.06.15
[PR]
by 4n8f | 2005-06-15 17:58 | 音楽配信
エイベックスの「ミュゥモ」
エイベックス、音楽配信を本格化
ITmedia LifeStyleより

>エイベックスグループが音楽配信に本腰。
>まず携帯電話向けサイトをオープンし、
>年度内にはPC向けとも連携。
>SNSやブログなどコミュニティ機能も取り入れた
>最大級のプラットフォーム構築を目指す。

以上はITmediaからの引用です。

「ミュゥモ」というのが配信サイトの名前です。
…興味をそそる名前ではないですね。

とりあえずはケータイ向けですし、
本質的に既存のものと大きな差が
あるわけではないみたいなので、
個人的な関わりとしては、静観です。

自分をそれほどヘビー・リスナーだとは
思っていないのですが、着うた偏重の
傾向に対して前のめりになれないのは、
やはりヘビーな部類に入る証でしょうか。

着うたの配信から始めるということは、
PCを介した配信をメインにするための
きっかけというか入り口なのでしょうか?
それともやはり着うたの方がメイン?

2005.06.15
[PR]
by 4n8f | 2005-06-15 17:10 | 音楽配信
iTMSは着うたを食うのでしょうか
神尾寿の時事日想:
iTMS上陸、「着うたフル」への影響は?
ITmedia BizMobileより

iTMS上陸ネタが増えていきそうです。
あしからず…

着うたフルのほとんどは
300円で売られているんですね。
iTMSで150円なんて言われたら、
確かに下げなきゃならん気にもなるでしょうな。

やはり、現段階でユーザーの多いiPodが
優勢ということになるのでしょうか?


「着うたフル」と「着うた」が
混同されているような気がしますが、
売れているのは「着うた」なのでは?

「着うた」は着メロの延長線でしかなく、
フルサイズでダウンロードしようと思ったら、
やはりカタログが豊富で安いiTMSを
選ぶ人が多いような気がします。

20代の着メロ利用は減少傾向──C-NEWS調査
ITmedia Mobileより

↑こんな記事もありますが、
(データの信頼性は低い気がします)
ケータイがすべてを飲み込むのは、
うーん、怪しいところですね。

ちなみに…
東芝から1000曲入るケータイが出ます。
iTMSから落とせるようになるのか?
それがポイントになるかもしれません。

「1000曲ケータイ」秋登場 東芝の超小型HDD内蔵
asahi.comより

いやはや、音楽ケータイどころか、
ソニーのNWも食っちゃいそうですね。

2005.06.07

◆TBさせていただきました◆
depthchology ~We make it!~:
iTMS日本上陸ってホント?
万里の長城越え~tetsu-kの音楽配信考察記inブログ~:
日本で音楽配信 アップル8月開始 [日経新聞]
yazlog.:
Apple、音楽配信を日本で8月開始…?
Blog!NOBON:
iTunes Music Store 日本版 やっぱ8月は無理?
[PR]
by 4n8f | 2005-06-07 19:16 | 音楽配信
iTMS coming soon!
アップル、音楽配信を日本で8月開始
NIKKEI.NET6/7の記事より

iTunes Music Store、SME抜きで8月国内立ち上げの報道
iTMS開始報道にレーベル各社、「協議はしているが決定事項はない」
ともにITmedia LifeStyleより

ようやくニュースになりましたね。
しばらくこの話題で盛り上がるでしょう。

細かいサービスの内容は不明で、
一曲150円とか、50万~100万曲配信など、
報道ではそう予測しているとのこと。

伝聞ばかりで申し訳ありません。
りんごさんの正式発表が待たれます。

音楽ビジネスの岐路ですね。

2005.06.07
[PR]
by 4n8f | 2005-06-07 14:12 | 音楽配信
インテリアvsファッション
iPodとネットワーク・ウォークマンの
せめぎあいが注目されています。

ソニーが躍進するポータブルプレーヤー、
“必殺技”iTMSの登場はあるのか?

ITmedia LifeStyleより

やはりiPodは強い。王者の風格ですね。
そこにネットワーク・ウォークマンが食い下がる。

DoCoMoとauのケータイ戦争のように
しのぎを削っていくのでしょうか。

売り上げから離れて考えてみると、
これからの音楽スタイルに対し、
違う影響を与えるのかなと思います。

■■■
iPodの場合、
カーオーディオやスピーカーとの接続、
ワイヤレス・リモコンに注目すると、
「いつでもどこでも」な、
iPodを軸にした音楽スタイルを
提供していくのでしょう。
言わば、インテリアのようなものですかね。

■■■
一方、ネットワーク・ウォークマンは
徹底して「ウォークマン」のイメージを
前面に押し出していると思います。

外で音楽を聴くスタイルを堅守。
ファッションとしての音楽ですね。

デザインやディスプレイの充実、
高性能ヘッドホン、イヤホンなどなど。
スタイリッシュな感じがしますな。

■■■
ハードはそれぞれに充実してきました。
次はその中に入れる音です。
いつまでもCDのリッピングだけに
頼るわけにもいかないでしょう。

iTMS、オリコン、Moraそのほか、
どれもある意味「不便」です。
「どちらも魅力的で選びにくい」
という感じではないと思います。
どっちもいらないやと思ってしまう。

リスナーの心をくすぐるものを早く
見せてくれるのはどちらなんでしょうか。
5月も終わってしまいますよ!

2005.05.31
[PR]
by 4n8f | 2005-05-31 20:06 | 音楽配信

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか