mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
カテゴリ:著作権・DRM( 14 )
iPodへの課金見送り
私的録音録画補償金制度の、
携帯デジタルプレーヤーへの適用が
見送られることになったらしいです。
朝日新聞より。

詳細はasahi.comの記事を参照のこと。

携帯プレーヤー課金、2年間見送り 文化審小委が方針
asahi.comより

2005.11.05

TB先
・Blog!NOBON:「携帯プレーヤー課金」2年間見送り
[PR]
by 4n8f | 2005-11-05 12:47 | 著作権・DRM
補償金はミュージシャンのため?それとも…
小寺信良コラム:
補償金制度廃止論にまつわる明と暗
>>私的録画・録音補償金制度に関する
>>動きが急展開を見せようとしている。
>>そしてこの問題について、意見募集も始まった。
>>10月7日の募集期限までに我々がモノを言うために、
>>この問題の“明と暗”の部分を考えてみよう。
ITmedia+D LifeStyleより引用

パブコメの期限は10/7です。
個人的な関心はふたつ、あります。
(1)補償金と私的複製の制限は矛盾
(2)補償金は管理団体のためのものではない

(1)
「CD→PC→iPod」に課金されるのは、正しいことである。
「DL→PC→iPod」に課金されるのは、納得できない。

 ※DL(ダウンロード)=音楽配信曲の購入

日本の有料音楽配信サイト(MORA、ORICON STYLEなど)の曲は、
プレーヤーへの転送回数を制限しています。
iTMSの曲にしても、iPodに対応したファイル形式は統一され、
どのようなプレーヤーでも聴けるわけではありません。
これは、程度の差こそはあれ、MD以上に、DRM(デジタル
著作権管理)が厳しく、私的複製が制限されていることになります。

私的複製が自由にできるかわりに、お金をとる、というのが補償金の目的です。
故に、私的複製を制限しながら補償金も取る、ということは成立し得ないのです。

この主張は、CDからのコピーには適用されません。
CDからならば、私的複製は自由に行なえるからです。

しかし、今後、音楽配信がポピュラーになっていくことを考えると、
安易にデジタルプレーヤーへの課金を認めるべきではないと思います。

音楽配信の曲はDRMにより、著作者の権利は充分に保護されています。
著作者の権利を守るための制度ですから、「音楽配信の曲を
デジタルプレーヤーで聴く」ことには適用されずともいいはずです。

音楽配信の曲への課金が矛盾していることを放置するのは、
CDからのコピーだけを考えて、音楽配信は考えていないと捉えられます。
音楽配信に積極的に関わっている著作者のことはどうでもいいのでしょうか。
そうなると、この制度は本当に著作者のためのものなのか怪しくなります。


となると、
この制度は別の目的のためにあるのではないかと考えられますね…

2005.09.23
[PR]
by 4n8f | 2005-09-23 18:05 | 著作権・DRM
音楽を介して政治に少しコミット
政治がどんどんテレビドラマ化して
いっていると思う今日この頃です。
湾岸戦争がテレビの中で
ゲームのように感じられたのと同じく、
テレビを見ているだけだと
政治もリアリティを失っていきます。
とりあえずリアリティを失わないためにも、
何かしら積極的に今度の選挙について
考えなければならないと思います。
全部の争点を網羅することはできませんが、
せめて自分の興味のあることくらいは。

小倉秀夫氏は自身のブログ「benli」で、
今度の総選挙は「iPod選挙」だと述べています。
著作権法改正の問題や、
私的録音録画補償金制度の問題が
ここのところずっと議論されています。
これらの問題に関する姿勢が、
「国民のことを考えているかどうか」
を示す指標になるだろう、とのこと。

確かに、郵政民営化に賛成だ反対だ、
と言われても、うーん、派閥の抗争だったり、
内部分裂を見せられているだけの気がします。
首相への忠誠心であったり、
「次の」首相への忠誠心を確かめる、
そんな内輪的要素が見え隠れしています。
もっともっとドロドロしたものが裏では
うごめいているかもしれませんがね。

まあ、郵政民営化の是非とは
次元が異なるでしょうけれど、
私的録音録画補償金の話も
ピンとこない人は多いとは思います。

ただ、iPodに課金すべしという意見を
いつの間にか「国民の共通見解」に
仕立て上げるのは、アンフェアというものです。
直接的にではないにしても、
消費税引き上げの問題にも関わるだろうし、
音楽配信やCDの価格に影響するかもしれない。
だから音楽を介して政治のことを
ちょっと考えてみる価値はあるでしょう。

トラックバック先
benli:「郵政解散」かもしれないけど、私にとっては「iPod選挙」

2005.08.19
[PR]
by 4n8f | 2005-08-19 11:51 | 著作権・DRM
スローミュージック
丸山茂雄の音楽予報

丸山茂雄さん主宰の音楽サイト
「mF247」が8月18日に開設されるそうです。
このサイトの曲は無料ダウンロードでき、
しかもDRM(著作権管理)がフリー、とのこと。

丸山さんの文章を引用させていただきます。

>>インターネット上での今の話題は、
>>ソフトコンテンツを誰がどのような方法で、
>>配信するかという事ですが、一方で、
>>不正なコピーをどの様な方法で、
>>防止するかという事です。
>>
>>ソフトを持っている側は、そのソフトが、
>>不正に使用されない様に、カギをたくさんつけて、
>>泥棒に入られないように警備をしています。
>>確かに、お金持ちは、泥棒に入られるのは心配でしょう。
>>でも、たいして財産のない家は、
>>カギもつけずに、窓を開け放して、
>>隣人が、家に訪ねてくれるのを、歓迎します。
丸山茂雄の音楽予報 8/3の記事より引用

安くするからDRMは厳しく、
DRMがフリーならその分の金をとる、
そういうトレード・オフを覆す考えですね。

地元のことを思い出しました。
玄関も勝手口も窓も開けっ払ったまま、
なんてことは日常茶飯事ですね。

音楽もそうであっていいんじゃないか、
というのが丸山さんの考えですかね。
少なくともインディーズなら、できるだろう、と。

運営側の役割は保管場所の提供ですね。
「mF247」という場所に曲を置いて、
「どうぞご自由に」という貼紙をしておく。
無料の道の駅といったところですか。

実に余裕のある考え方です。
メジャーには到底できないことです。

スローフードならぬ、スローミュージック。

2005.08.03

トラックバック先
・PSYSHOW'S ROOM:レンタルは本当にセルの妨げなのか?/2
・音楽配信ジャーナル:mF247
[PR]
by 4n8f | 2005-08-03 17:41 | 著作権・DRM
補償金とDRMのトレード・オフ
「iPod課金」への一家言
>>権利者の利益とユーザーの利益、
>>この2つのバランスを取ることが最終的な
>>目的ならば、権利者が補償金を受け取る
>>(そのかわりユーザーは複製を行う)ことと、
>>ユーザーがこれまで可能であった私的複製へ
>>制限が加えられる(そのかわり権利者は
>>金銭的な保証は受け取れない)ということは
>>等価といえないだろうか?
ITmedia LifeStyleより引用

本来ならば、
補償金とDRM(著作権管理)は
トレード・オフの関係にあると言えるでしょう。
CDのDRMは緩い、だから補償金が発生する。
となると…
DRMが厳しいダウンロード曲
(をiPod等に移す場合)には、
補償金は発生しない、はずです。

厳しいDRMと補償金の発生がダブルで
成立するというのは、矛盾なのです。

音楽文化の保護という名目ならば、
片方が成立すればいいはずです。

矛盾を承知で推し進めるというのは…
レコード会社と著作権管理団体の
取り分を確保するための課金だと思えます。

多少値上がりしてもデジタルプレーヤーの
売り上げが急激に下がるとは思いませんが、
「音楽文化の保護」という建前の向こうに
「取れるところから取りまくる」という姿勢が
透けて見えてしまう、そんな気がします。

2005.08.03
[PR]
by 4n8f | 2005-08-03 17:39 | 著作権・DRM
アレンジできるCD
日本初!編曲できるCD
>>英国で生まれた「u-myx(ユー・ミックス)」
>>と呼ばれるソフトウエアを内蔵。
(中略)
>>CDをパソコンに挿入すると編集画面が現れる。
>>音楽の知識や特別な機材も必要なく、
>>クリックとドラッグのみで編曲が可能。
Exciteニュースより引用

u-myx(ユー・ミックス)

New Orderやロバート・プラントが
このソフトを搭載した新作を出しているそうです。

詳しいことは買ってみないと分かりませんが、
いじれるのは音のバランスくらいでしょうか。
それとも、もっと大胆にいじることができる?

それにしても、
こういう試みを供給側から
してくるというのは面白いですね。
大幅なアレンジはできないにしても、
「オリジナルを破壊してもいい」と
言っているようなものですから。

「著作物の二次使用」に当たるのか?
著作権の扱いがまた複雑になりそうです。

これも試してみたいと思います。
夏休みの宿題がまたひとつ増えました。

2005.08.01
[PR]
by 4n8f | 2005-08-01 09:37 | 著作権・DRM
そっくりさん2
ケミカル・ブラザーズのベスト盤『Singles 93-03』を聴く。

このジャケット、何処かで見たことがある…

TM NETWORK名義のベスト盤
『Welcome to the FANKS!』に似ています。
2004年12月22日リリースです。ジャケットはこちら
実物じゃないと分かりませんが、裏側の方が酷似。

ケミカルのベスト盤が2003年ですので、
似せたのは『Welcome~』ですね。

例によってレコード会社主導のベスト盤。

エピック・レコードよ、
曲のリサイクルもさることながら、
ジャケットのパクリはいかがなものか。

2005.06.27
[PR]
by 4n8f | 2005-06-27 19:49 | 著作権・DRM
そっくりさん
文化庁サイトにMac OS Xのアイコンが?
ITmedia Newsより

揚げ足取りの気もしますが、
あれまという感じですね。

2005.05.26

こういう展開になっていました。

文化庁、Webを削除 「事実関係を調査中」
文化庁、アイコン無断使用認める アップルに謝罪
ともにITmedia Newsより

「仮デザインを修正し忘れた」との仰せですが、
仮ならパクリもOKということでしょうか。

文化庁が直接パクったわけではないようです。
しかし、知らなかったから仕方ないよねとでも?

この人たちは著作権管理の権化ですよね。
トップには権限と責任がありますから…
[PR]
by 4n8f | 2005-05-26 18:23 | 著作権・DRM
小倉秀夫氏のブログ
小倉秀夫氏のサイトを紹介します。

BENLI
Annex of BENLI

BENLIでは「知的財産権関係の話題」を書き、
それ以外をAnnex of BENLIで書く、とのこと。

僕はBENLIの方をちょこちょこ見ており、
特に著作権関連の話を読んでいます。
エキスパートとしての観点から、
自身の考えを分かりやすく書いてあります。
まあ、難しい時は難しいのですが。

フォントが明朝体、しかも一行が長めなので、
読みやすさの点では難有りというところです。

何はともあれ、冷静な考え方と書き方が、
文章の信頼性を高めていると思います。
興味がありましたら、ご一読あれ。

2005.05.19
[PR]
by 4n8f | 2005-05-19 19:25 | 著作権・DRM
好きなように聴かせてください。
ノルウェー政府、
CDのコピーを制限する新法案

ITmediaライフスタイルより

ITmediaの記事タイトルは
誤解を生むかもしれません。

ITmediaの記事から引用します。

 ノルウェー政府は2月11日、
 自分のCDからMP3プレーヤーに
 楽曲をコピーする行為は違法だが
 CD複製目的(でのコピー)の場合は
 合法とする新たな著作権法案を提出した。

CDの曲をデジタルプレーヤーに
転送するのは違法、ということか。
CDから入れてはならない…
じゃあダウンロードした曲だけ?

そんな無茶な…

ノルウェーの話なのですが、
他人事ではないですね、おそらく。
前例が生まれると、自国でも
取り入れる口実ができますから。
(消費税の上昇しかり)

レンタルしたCDから曲を
入れることもできなくなりますし、
CDで持っていた曲をiPodなどに
入れておくこともできなくなります。

家のコンポで聴くならCD買いなさい。
デジタルプレーヤーで聴きたい時は
有料ダウンロードしなさい。
二重に金銭を払いなさい、
ということなのでしょうか。

リスナーの音楽を聴くスタイルを
また狭めようとしているのですか。

2005.02.14
[PR]
by 4n8f | 2005-02-14 16:32 | 著作権・DRM

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか