mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
カテゴリ:著作権・DRM( 14 )
舞台における著作物使用料
JASRACが定めるCDなどの使用料
「演劇、漫才、奇術、演芸
その他の芸能の催物における演奏」


使用料の決定には2種類あります。
①公演時間から算出
②1曲を1回かける時間から算出

①か②かはJASRACが決めるそうですが、
曲数(と使用回数)が少ない場合には②、
多すぎる場合には①を適用するのでしょう。

それぞれの場合において、
入場料と会場の定員から算出されます。

続きを読む…
[PR]
by 4n8f | 2004-11-30 19:54 | 著作権・DRM
著作権を考える -アマ劇篇-
友人K氏とも話題になりました。

「市販の音楽を舞台で流すと、
著作権は発生するのか?」

結論:発生する。

続きを読む…
[PR]
by 4n8f | 2004-11-19 19:38 | 著作権・DRM
著作権を考えるⅡ
日本音楽著作権協会(ジャスラック)
の話をひとつ。長文失礼。

近年、ライブハウスやジャズ喫茶、
クラブに対する著作権使用料の
督促を強めているそうです。
(朝日新聞11月10日の朝刊より)

続きを読む…
[PR]
by 4n8f | 2004-11-11 18:11 | 著作権・DRM
著作権を考えるⅠ
「著作権くらいは分かるけど、
それを巡る問題の根本が
いまいちよく分からない」
というような方は多いと思います。

Exciteブックス ニュースな本棚
ネット著作権ってなんだ?

ネットに関する著作権の話ですが、
分かりやすく解説してありますし、
参考図書も面白そうです。

著作権は、
複製による経済的権利
(コピーライトの権利)
作者の精神的な利益の保護(人格権)
このふたつから成り立っています。

兎にも角にも、2要素が絡み合って
著作権を構成していると分かれば、
昨今の問題も分かりやすくなるのでは。

たとえば…
コピーコントロールの問題のひとつは、
会社がアーティストを守るため(②)
と言いながら、
自社の利益を守りたい(①)
ということが本音だということ。

会社の利益を上げる、それは当然ですが、
表面上、人格権を主張しても、
目的が透けて見えるのがイヤラシイ。

だからリスナーに反発されるのでは?
所属アーティストからも反発されるのでは?

続く>>>

2004.11.09
[PR]
by 4n8f | 2004-11-09 16:14 | 著作権・DRM

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか