mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
<   2004年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧
ジャケ買い推進派
音楽CDトレーディングサイト
「recoya.jp」ベータ版


中古レコード店を介さない
中古CDの取引、ということです。

このデータ時代にあえて
パッケージ売買のための場所を
提供しようという試みですね。

個人的には、
データだけというのは
味気ないと思います。
ジャケットも含めて
自分のものにしておきたい。

とは言え、新品ばかりを
買っているわけにもいかず。
中古レコード店を巡って
安くて音がいいCDを探します。

それでも欲しいものが
見つからない場合は、
こうしたサイトを活用できる
かもしれませんね。

ジャケ買い万歳!

2004.09.30
[PR]
by 4n8f | 2004-09-30 17:01 | 音楽配信
本と酒のミクスチャー
本を読みながらお酒を
飲める店があるそうです。
というか、
そうしたい人々のための
隠れ家のような店ですね。

「ブックカフェ」より素敵な
「ブックSAKE」ってなんだ?

(エキサイト・ニュースより)

ちょっと暗めの店で読むと、
緊張感が増すのかもしれません。
ミステリーやサスペンスものには
向いているんじゃないですかね。

蛇足ながら。
村上春樹『国境の南、太陽の西』で、
主人公がバーのカウンターで
本を読んでいる場面があります。
「島本さん」と再会することもあり、
とても印象に残っています。

2004.09.29
[PR]
by 4n8f | 2004-09-29 14:40 | ライフスタイル
PvD
Pual van DykというDJがいます。
いい感じのジャーマン・トランスを
聴かせてくれます。

Out There and Back』という
アルバムがお勧めですね。
ベスト盤『Global』も聴き応えあり。

環境音楽のような爽やかな音と
テクノサウンドがmixした音楽です。
BGMとして聴く、本格的に聴き込む、
どちらもOKでしょう。

2004.09.28
[PR]
by 4n8f | 2004-09-28 17:30 | 音楽レビュー
ネコ2世
エジプト王ネコ2世

ヘロドトスによると、
紀元前600年ころ
艦隊を派遣して
アフリカ大陸周航に
成功した。

どんな王なのか

2004.09.27
[PR]
by 4n8f | 2004-09-27 16:25 | そのほか
the Moon
月というのは興味の
尽きない存在です。
月面着陸や潮の満ち引き、
狼男などの話もさることながら、
人間の思考や行動に
やたらと関係しています。

個人的な話ですが、
小さい頃は恐怖の対象でした。
三日月がニヤリと笑う顔に
見えたのです。
上弦の月は口元、
下弦の月なら目。
どこかに連れて行かれそうな
気がしていました。

大学生の頃は、
月明かりを舞台で表現したくて
やたらと夜月を眺めていました。
その色合いや陰影を
照明機材でつくりだすのは
とてもとても刺激的なことでした。

それでも月を見上げる度、
小さかった頃の恐怖が
よみがえってきます。
三つ子の魂。

2004.09.26
[PR]
by 4n8f | 2004-09-26 11:33 | 日常のひとコマ
オールナイト・ライブラリ
24時間開いている図書館は
存在するのだろうか?

ファミレスやコンビニは
もちろんのこと、
24時間営業の美容室も
存在するそうです。

営利目的ではないので、
そのような図書館が
認められるわけがありません。

けれども、
想像することがあります。
真夜中も煌々と照らされている
静かな図書館。

ページの繰られる音や
本が閉じられる音が
やたらと大きく
聞こえるのでしょうか。

ファミレスやコンビニとは
違う空気が漂い、
違う時間の流れが
あるのかもしれません。

2004.09.25
[PR]
by 4n8f | 2004-09-25 23:06 | そのほか
長い長い夜のための序章
たまには日記っぽい感じで
書いてみようと思う。

9:30から某研究所で
地味な心理関係の作業を黙々とこなす。
「仕事」と言いたいけれど、
いかんせんバイトの身分である。
12:30に終わり、バスで大学に戻る。

本を買おうと思ったら
本屋の近くで知り合いに立て続けに遭遇。
その後、その知り合いに
友人から(5ヶ月も)預かっていたDVDを
返すことに成功。

その(任務をようやく遂行した)勢いで
求めていた本を何とか見つけて買い、
こまごまとした生活用品を
ドラッグストアで買う。
ここで気づいた。

昼飯食べてない。

この食に対する無頓着さのツケは
いつかきっと回ってくる。

15:00頃、そのまま研究室に行き、
コーヒーを飲みながらメールをチェック。

新着メールが12件。

別に嫌がらせを受けているわけでもなく、
ものすごい人気者というわけでもなく、
ただ、研究科で行なわれるイベントの
責任者兼連絡係をやっているだけの話。

いくつかに返信すること、
さらに新たなメールを送ること、
とりあえず先延ばし。

昨日、携帯電話で少しだけ
書いたブログを書き直す。

その後、放っておいたメールを書き始めたが、
これに悪戦苦闘。時間がかかるかかる。

いつの間にやら19:00。
今日の出来事をブログに書いて、
ロクに推敲しないでアップす…
ここで気づく。

今日、研究に関すること全くやっていない。

どうやら、長い長い夜になりそうだ。

2004.09.24
[PR]
by 4n8f | 2004-09-24 19:27 | そのほか
esとesをカメラ越しに眺めるes
es』という映画について。
話そのものは上記のサイトでチェックしてもらうとして。

esとは「本能的欲求」であり、普段はコントロールされている。
それが「状況の力」によってタガが外れ、暴走してゆく。

実験者は被験者の様子を監視カメラでチェックしていた。
実験が危険だと認識しながらも、
「この先、どうなるのか」を知りたいがために止めなかった。

esとは、暴走した看守役でもあり、
強く抑圧された囚人役でもあり、
そして実験を続けた実験者でもある。

「欲求」が暴走し、別の「欲求」が抑え込まれている様子を
さらに違う「欲求」がモニター越しに眺めていたのである。

ラスト・シーンの少し手前、ぼろぼろの「囚人」と「看守」が
地下通路の両脇で立ちつくす。
(撮影の)カメラは彼らに近づき、そして遠ざかっていく。

不思議かつ不気味なのは、全員がカメラ目線だったことだ。

2004.09.23
[PR]
by 4n8f | 2004-09-23 22:59 | フィクション
ネオ・ナガノ・モデル
楽天球団の本拠地候補に
長野市が挙がっているそうで。
市長も県知事も前向きで、
地域活性化や県民運動に
つながればいいとのこと。

どうなるかは分かりませんが、
面白そうな展開です。

でもここで
ウガった見方をしてみます。

長野市と松本市は仲が悪い。
県庁をどちらに置くかで
もめたことがあるそうです。
オリンピックは長野市中心に
運営され、県の南側は
借金だけを共有したとされます。

つまり、北にプロスポーツの
拠点をつくるということは、
「北部中心の長野県」
という構造を強化する狙いが
あるのかもしれません。

まつもと市民芸術館の建設を
考慮に入れると、
「スポーツの長野、芸術の松本」
なる構図が描かれている……
というのは考えすぎですかね。

どうなることやら。

2004.09.22
[PR]
by 4n8f | 2004-09-22 12:46 | ライフスタイル
まつもと市民芸術館
まつもと市民芸術館が松本市にオープンしました。
松本発の芸術文化は生まれるのか?

そもそも。発信する前に
演劇は地域に根差すのだろうか?

限られた人々の娯楽、という
閉鎖的なイメージがぬぐえません。

それは、「もっと安い値段で芝居を
観ることはできないのか?」
という問いにもなるのではないでしょうか。

舞台制作というものはやたらとオカネが
かかるからどうしようもないんですけど。

現代の演劇は、これからどこへ
進もうとしているのでしょうかね?

2204.09.21
[PR]
by 4n8f | 2004-09-21 18:24 | ライト・舞台

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか