mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
<   2005年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧
LIVE-RALLY
図書館のヘビーユーザー
になりつつあります。

本を借りる。論文をコピーする。
研究室で片端から読み漁る。
部屋に持ち帰って読む。
時々、小さな挫折。

はたから見ると
とても頑張っている人に
見えるかもしれませんが、
実態は、さにあらず。

ランナーズ・ハイのような、
一種のトランスのような。

何が私を突き動かすのか。

2005.01.28
[PR]
by 4n8f | 2005-01-28 18:03 | そのほか
尊王攘夷 by オリコン
オリコン、10万曲をネット配信へ
チャートにも連動

gooニュースより

オリコン発の音楽配信
オリコン・ミュージック・タウン
が2月8日から始まるそうです。

オリコンのニュース・リリース

今のところ、
Mora」が国内最大規模の
音楽配信を行なっています。

カタログはともに10万曲ほどですが、
オリコンの方は「国内最多」の
レコード会社が参加する、とのこと。

ちなみに、iTunes Music Storeは
100万曲を取り揃えているそうです。

規模から言ったらまだ日本は及びませんし、
日本のメジャーな配信サイトの曲は
iPodには移せないそうですので、
イマイチ軌道に乗らない気がします。

日本の音楽配信は
iPodユーザーを対象とするか否か、
というのがポイントかもしれませんね。

iPodユーザーにとって便利な
iTunesが上陸すれば、
iPodユーザーはそちらを使うでしょうが、
いつ上陸するのかまだ分かりません。
3月上陸説が濃厚とされていますが、
そこにオリコンの話が出たので、
分からなくなってきました。

制約を課したがる日本のレコード会社が
iTunesに曲を提供するのでしょうか?
Moraやオリコンに提供して、
iTunesには提供しない、
そんな鎖国状態が成立する恐れ。

iTunesで買った曲はiPodにしか
移せないという制約がありますけれど。

どのサイトを使ったらいいか
ますます分からなくなってきました。
どうなる、日本の音楽配信。

そして黒船は来るのか。

2005.01.27
[PR]
by 4n8f | 2005-01-27 19:25 | 音楽配信
舞台照明の役割を考えてみる
舞台中央、客席寄りに立ち、
スポットライトを浴びながら
役者が叫んでいる…

いわゆる「演劇」と聞いて、
一般的にイメージされるのは
こんな感じでしょうか。

今回のテーマは
「芝居の中で照明は
どのような役割を果たすのか」。

抽象的な話です。
そして持論です。思うままに。

照明は舞台を照らしているのか?
それとも役者を照らしているのか?

妙な言い方をするならば、
舞台にいる役者が発する言葉を
照らしているのかもしれません。

言葉に光をあてる。
言葉を引き立たせる。
言葉を観客に届けるサポート。
セリフ、ではなく、言葉。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
派手な光(カラフル・ライティング、
ストロボ、逆光、カラフル電飾、
レーザー、ムービング・ライト)は、
それだけで観客から注目されます。

けれどもそれは役者が発する言葉に
注意が向いていないことを示します。

言葉を際立たせたい時、
特定の言葉を強く印象づけたい時、
光は徹底的に脇役に回ります。

脇役であってチョイ役ではありません。
できれば名脇役であってほしい。

抑えすぎず、目立ちすぎず…
そういう微妙なポイントが
存在するのではないでしょうか。

終演後、観客の頭の中に
舞台の視覚的イメージが残り、
「あのシーンのあの言葉が印象的だな」
などと思ってもらえれば、
言葉を届けることに成功した、
と言えるでしょう。

最近はこんな感じで芝居を観ています。

2005.01.26
[PR]
by 4n8f | 2005-01-26 16:42 | ライト・舞台
芝居とブログ
先日観た芝居をきっかけに、
いろいろと思うことを書いてゆきます。

最初のトピックは「芝居とブログ」。

芝居の宣伝や観客からの
フィードバックに関して、
ネットをどう使っていくべきか?
ここではブログを
有効利用することを考えてみます。

ブログについては…
Exciteブログgoo ブログ
livedoor BlogMy blog japan
などを参照のこと。

------------------------------------------------------------------
劇団のHPに「こんな芝居やります」
という情報を載せていても、
そこにアクセスしてもらわないと
意味がありません。

チラシやポスターにURLを載せるのが、
おそらく一般的な宣伝でしょうけれど、
チラシを手に入れる人は限られますし、
ポスターをじっくり見る人も限られます。

そこで、ブログのネットワークを
使った宣伝を考えてみます。

続きを読む…
[PR]
by 4n8f | 2005-01-25 18:59 | ライト・舞台
2004年音楽ソフト生産額
2004年の音楽ソフトの生産額が確定しました。
データは(社)日本レコード協会
各種統計のページから引用しました。
(リンク許諾、引用許諾取得済)

音楽ソフト全体の生産額は
前年比5%減の4312億6900万円。
前年割れはこれで6年連続です。

音楽関連のDVDは
前年比2%増の517億7800万円、
「オーディオレコード」(大部分はCD)は
前年比6%減の3773億6900万円。
DVDは成長を続けているようです。

CDのみだと3686億1000万円(前年比5%減)。
単純に比較してみると、
この生産額は1992年以下であり、
ビッグ・ヒットが出始めた
1991年にもうすぐ並びそうです。
CD黎明期(80年代半ば)と同じになったら、
もう御役御免ということではないでしょうか。

ちなみに、オーディオレコード新譜数は
前年比6%増の15620タイトルになりましたが、
オーディオレコード新譜数と
生産数量・生産額との関係について、
ITmediaがこんなことを書いていました。

 年間での新譜タイトル数が増加しながら、
 生産数量、金額ともに減少している現状は、
 需要と供給のバランスが上手くとれていない
 結果と言えるのかもしれない。

 2004年国内音楽ソフト生産実績、
 数量・金額ともに前年下回る

 ITmediaライフスタイルより

新作はたくさん出るけれど、
お金を出すほど魅力的ではないと
消費者に思われているのでしょうか。

2005.01.24
[PR]
by 4n8f | 2005-01-24 14:22 | 音楽配信
舞台に関する話
劇団筑波小劇場に関係する芝居を観ました。
筑波大学の芝居サークルのひとつ。

芝居の中身についてここで
あれこれ書いても仕方ないので、
少し一般化した話を書いてみます。

芝居とITとの関わり
人は舞台をどう見ているのか
舞台照明あれこれ

どれかひとつ、
あるいは全部について
近日中に…

2005.01.23
[PR]
by 4n8f | 2005-01-23 15:58 | ライト・舞台
車の中でiPod
パイオニア、「iPod」とリンクするカーオーディオ
ITmediaライフスタイルより

CDやMDを車の中に
ストックしておく必要が無くなり、
カー・オーディオまわりが
すっきりするんじゃないでしょうか。
いやはや、iPod1台あれば
まさしくいつでもどこでも
音楽が聴けるんですね。

車は持っていませんが、
iPodがらみのニュースは
やはり気になります。

iPodも含めたHDD型携帯プレーヤーは
どれだけ浸透し、根付くのでしょうか。
今は、「売れまくっている」
というニュースを聞きますが、
いずれ「頭打ち」となるはずです。

売れなくなったら余分な機能をつけて
何とか売ろうとするのでしょうか。
…携帯電話のように。

シンプルなものは
シンプルなままで
よいではないですか。

2005.01.21
[PR]
by 4n8f | 2005-01-21 17:03 | 音楽配信
目指せ、のりつっこみ大国
コレジャナイロボ

「そうそうこれがガンダムの最新…
って、これじゃなーい!」

のりつっこみ教育によさそうですね。
これで子供を教育すれば
日本がのりつっこみ大国に…

2004.01.20
[PR]
by 4n8f | 2005-01-20 18:27 | そのほか
PC買うだけで補償金!?
デジタル携帯機器も対象へ
著作権補償制度で文化庁

Exciteニュースより

私的録音・録画補償金制度は
録音・録画する「媒体」に課金します。

音楽を入れる「入れ物」に
課金されるということですから、
デジタル携帯プレーヤーも、
CDやダウンロードの音楽を
入れる「入れ物」なので、
まあ筋は通っている…

よくよく考えてみます。

著作権法改正、2006年通常国会に向け始動
---パソコンや音楽プレーヤ内蔵のHDDなどが俎上に

日経BP Tech-On!

PCで音楽を聴かない人も、
CD-Rに(音楽以外の)データしか焼かない人も、
「補償金」を払わなければいけない

と言えるかもしれません。

問題は意外と大きい気がします。

私的録音補償金の対象に
追加すると検討されているのは、
「HDD内蔵型の音楽プレーヤー」、
「パソコン内蔵のHDDやCD-R/RW装置」
だそうです。

パソコンは音楽を入れる「入れ物」とみなし、
そこに補償金をかけよう、ということですが、
iPodなど携帯機器でのみ聞く場合、
PCを経由して音楽を入れるわけですから、
奇妙なダブル課金とも見て取れますね。
音楽CDをCD-Rに焼く場合もしかり、
CD-Rにも払って、PCにも払って。

音楽をストックできるものには
全て補償金をかける

ということなのでしょうか。

さらに…
現在は補償金の対象機器を
個別に政令で追加していますが、
こうした法令による指定を経ずに
対象機器を決められる仕組みを
検討するとのことですが…

今後どのようなタイプの
音楽保存機器が誕生しても、
自由に課金できる仕組みになる可能性。

◆ここで一考◆

コピーを禁じるのではなく、
コピーしてもいいけどオカネは払いなさい
という方針になるのでしょうか。

コピーしようがしまいが
コピーできるものを買ったら
「コピー代」は払ってもらうよ

PCでは音楽を聴かない人も、
CD-Rに(音楽以外の)データしか焼かない人も、
「音楽のコピー代」を払わなければいけない!?


◆邪推◆

PCが売れればそのぶん、
補償金という名のオカネが
私的録音補償金管理協会(sarah)
以降に入ってくるわけです。

補償金のルートはこちら

この問題はまだまだ掘り下げる必要がありますね。
音楽を聴く人だけの問題ではなさそうです。

2005.01.20
[PR]
by 4n8f | 2005-01-20 17:57 | 音楽配信
受験サイボーグ製造工場への道
中山文科相、総合学習削減の意向
教科の授業時間確保

asahi.comより

総合的学習は、
学校・家庭・地域が協力して
推進すればいいと思います。

何もかも学校に押しつけているのが
問題なのかなと思いますけどね。
かと言って、学校が受験サイボーグ
製造工場になるのも大問題です。

総合的学習に見切りをつけるのは
まだ早いのではと思いますが…

2005.01.19
[PR]
by 4n8f | 2005-01-19 16:09 | そのほか

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか