mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
母校が誇る人間になれ
さよなら、クロ『さよなら、クロ』

出身校が映画の舞台になるというのは、
なんだかんだ言っても嬉しいものです。

だがしかし。

母校を誇る人間ではなく、母校が誇る人間になれ

そんなような言葉を卒業の頃に聞いた覚えがあります。
いやはや、僕なんかまだヒヨコ・オブ・ヒヨコです。
兎にも角にも人生(修論)がんばらなくっちゃなー、と。

2005.10.31
[PR]
by 4n8f | 2005-10-31 18:47 | ライフスタイル
Life
木根尚登『Life』

軽く「このアルバムについて書いてみよう」と言いましたが、
それほど軽い気持ちじゃ書けないですね、これは。
とは言え、肩肘張るものでもないので、さらりと書きます。

歌詞が強調されているアルバムですね。
音がポップで、なじみのあるメロディだけに、
「軽くはない」詞がアンバランスで印象的です。
やはり、「死」とか「戦争」という言葉は強烈ですから。

木根さん曰く、Lifeとは「暮らし」だそうです。
歌にメッセージを込めるにしても、
説教くさくなるのは避けたかったようで、
なるべく日常的な言葉を使ったとのこと。

「暮らし」。
詩的だけど手の届く距離の、絶妙な言葉です。
「人生」だとずっしり重みがあると思いますし、
「生活」だとなんだか手垢で汚れている感じです。
「人生」でも「生活」でも別にいいんですけど、
このアルバムには「暮らし」がしっくりくるのです。

LIFEという言葉は、TKが使うと「人生」で、
木根さんが使うと「暮らし」になるのかな、と。

そんなこんなで、言葉のひとつひとつを
じっくりと聴いてみたいアルバムであります。

ちなみに…心に残るのは、
「MY BEST FRIEND」と「6月6日」です。

2005.10.28

■TB先■
GREEN DAYS ~緑の日々~:木根尚登アルバム「Life」
[PR]
by 4n8f | 2005-10-28 10:07 | 音楽レビュー
It's called...
リニューアル、と言うには少し恥ずかしいのですが。

昨日は木根尚登さんのアルバム『Life』を聴いて、
今日はその感想なんぞを書いてみたかったのですが、
肝心のアルバムが待てども待てども届かず、でした。
発売日ジャストに届けてくれよ、新星堂さん!

仕方がないのでブログの見た目を変えてみました。
赤と黒という組み合わせはとても好きなのですが、
ブログでやると読みづらくなるので避けていました。
このくらいならテキストを邪魔しないと思うので、
思い切って趣味オブ趣味的なデザインを断行。

赤と黒はスタンダール。
赤と黒はクラフトワーク。
そして赤と黒は……

2005.10.27

蛇足(TMリスナー向け)
[PR]
by 4n8f | 2005-10-27 19:16 | そのほか
Dear はくしかていのみなさま
http://www.geocities.jp/dondokodon41412002/

大学院生(博士課程に限る)は、一読すべき!
笑えるかどうかは…んー、なんとも言えませんが。

2005.10.25
[PR]
by 4n8f | 2005-10-25 17:33 | そのほか
音楽は、ネットワーク。
音楽というものは、ひとつをきっかけにして、
そのルーツをたどって聴いたり、
似たテイストのものを聴いてみたりと、
どこまでも広がっていくことができます。

ここ数年でいろいろ聴いている気がしますが、
たいていがTM NETWORKから派生しています。
本日は、そんなことをつらつら綴ろうと思います。

音楽は、ネットワーク。
[PR]
by 4n8f | 2005-10-21 11:15 | 音楽レビュー
上原ひろみ
Spiral上原ひろみ『Spiral』

聴いていて気持ちがよくなるアルバムです。
僕のようなジャズ初心者が聴いても楽しめます。
じっくり聴いてイメージを膨らませるのもいいですし、
BGMにして作業をしたり眠りにつくのもよし。

曲の展開が、ことごとく気持ちいいのです。

ジャケットのアートワークもいいですね。

このアルバムを買ったきっかけは、
テレビで演奏しているところを観て、
聴きやすいと思ったことにあります。

(上原ひろみという名前は、友人とプログレの
話をしている時に初めて聴きましたが。2年前。
ちなみに彼は今、農の道を突き進んでおります)

何故、2年前に聴かなかったのか、
という悔しい思いでいっぱいです。
遅すぎた出会い、というような。

2005.10.20

■SNAKE LEGS■
[PR]
by 4n8f | 2005-10-20 09:40 | 音楽レビュー
かみくだきましょう
友人のブログの記事に興味を持ったので、
それについて書いてみよう。と思ったけど。

FIELDNOTES:わかりやすく説明する

こっちはちょっと置いといて…

2005.10.19

ひとりごとです
[PR]
by 4n8f | 2005-10-19 19:07 | そのほか
言葉のダイエット -ブログの自己分析-
ITエンジニアにも必要な国語力
第3回 必要なのは「言葉のダイエット」
@IT自分戦略研究所

このブログには「~ですが、」という前置きが頻発します。
状況説明の時もあれば、言い訳の時もあります。
無駄な言葉は極力省いているつもりですが、
誤解を招きたくないあまりに言葉が増えていきます。
(↑例えば、こんな感じ)

結論先行恐怖症と断言恐怖症の自覚症状があります。
特にブログやメール、掲示板で書く場合はその傾向強し!
自分の研究や授業での論文を発表する時は、
わりと強気に結論から言うことを心がけています。
バーチャル空間とリアル空間の違いなのでしょうか?

…というような悩みを抱えつつ、
分かりやすい文章を書いていこうと思うております。

2005.10.17
[PR]
by 4n8f | 2005-10-17 12:21 | 文章・デザイン
ビデオiPodの衝撃は、いかに。
龍司さんが「∞最前線 通信」で書いた記事
"「ビデオiPod」とテレビの未来"に注目してみました。
昨日の記事「楽天がTBSの筆頭株主に!!」
と合わせて読むと、もっと面白いと思います。

テレビ番組をビデオiPod用に配信することで、
テレビ(局ということ?)が生き残る可能性を高める、と。

考えてみれば、すでに
携帯電話でテレビが見られるわけですから、
iPodでテレビを見ることだって不思議ではありません。
携帯電話ではリアルタイムで見ることができ、
iPodでは放送済みのものを見て、保存できる。

ビデオiPod用に配信されていくのは、
「何度でも見たくなる番組」ではないでしょうか。
個人的には、面白い音楽的コラボを期待します。
映像を見なくても音だけで楽しめますしね。

配信用に生き残るものとそうでないものに
番組が二分されていくのかもしれません。
特に、トーク重視の音楽番組は生き残れないのでは?
音楽なら音楽、お笑いならお笑いに特化しないと、
どっちつかずでダウンロードされないと思います。

ビデオiPodの普及は、テレビ番組のあり方を
大きく大きく変えてしまうかもしれません。
それがクオリティ向上につながればいいなあ、と。

2005.10.14

■TB先■
・∞最前線 通信:「ビデオiPod」とテレビの未来
・群馬ではたらく社長のブログ(笑):新型ビデオiPod
[PR]
by 4n8f | 2005-10-14 16:37 | ライフスタイル
ビデオ・クリップ配信
Apple、ビデオiPodを発表、iTMSでビデオ販売も開始
ITmedia Newsより

iTMSでビデオ・クリップを配信するみたいです。
短編映画も配信されるとのことですが、
ビジュアルを持ち運ぶ時代なんですね。

映画の予告編やライブDVDの一部を、
プロモーション用に配信するかもしれません。
どのようにビデオiPodとレコード会社が
付き合っていくか、それが楽しみです。

ちなみにiTunesが6にアップグレードされました。

2005.10.13

■TB先■
・iPod portal:Apple、ビデオ再生対応の第五世代iPodを発表
・ぬるいSEの生態:Appleさんが噂の「ビデオiPod」発表!!
・One and Only:Appleが、ビデオiPodと新型iMac G5を発表
・iPodのある生活:Video iPod 発表!!
[PR]
by 4n8f | 2005-10-13 10:14 | 音楽配信

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか