mtroom
物語みたいなものを書いてみます。
ブログトップ
TwentyTwoDoubleZero
絶妙な角度。私の好きな時間。明日になるには、まだ時間がある。今日はまだ今日の中にいる。私もまた、今日の中にいる。4つの時計が22時00分を示す。もう寝ちゃっている人もいるかもしれないし、まだまだ夜はこれからと息巻いている人もいるかもしれない。私はどちらでもない。強いて言えば隙間みたいなところ。夜と真夜中の隙間。まだ眠くないとおやすみなさいの隙間。このぎゅっと凝縮された時間が、私はとても好きなんだ。
b0015553_13193344.jpg


つづき
[PR]
# by 4n8f | 2008-06-28 15:35
WorldWideDomesticLife
コーヒーはミルクと氷を入れちゃえば、味なんて分からなくなる。もともとそんなに分かっているつもりもないけれど、アイスコーヒーを飲むときはただただ流し込んでいるだけ。みんながビールを飲むのと同じかもしれない。甘いと流れていかないから、甘くないコーヒーは流し込むにはちょうどいい。その感覚が好きなのか、単にのどが渇いているからなのか、まあその両方だと思うけども、暑いときにはアイスコーヒーを毎日飲む。夏というにはまだ早いけど、夏のような暑さが続いているから、今日も片手に持って歩いている。氷がじゃらじゃら鳴る。プラスチックのカップなので「からから」じゃないのがちょっと虚しい。グラスの中の氷が立てるからからっていう音はなんだか風鈴みたいで気持ちいい。金属のコップに入ったアイスコーヒーを飲んだときに聴いた氷の音は、ガラスともプラスチックとも違って、不思議な感じがした。かんかんとかこんこんとか、鐘を鳴らしているような感じだったかな。ガラスだと、風が吹き抜けていくような気がするんだけど、金属だと重くてそこに残るようなイメージ。プラスチックなら、ケータイのストラップみたいで、意味なく集まっているものが意味なく立てる音。ほとんど雑音。初めて歩く街でも、どこにでもあるカフェでコーヒーを買って、それを飲みながら歩く。プラスチックのカップに入った氷の雑音もほかの音に紛れて聞こえなくなる。ちょうどいいね。もともとそんなに気になるわけでもないけど、店の中で飲んでいるとついカップを振るから、氷の音が聞こえる。それが好きじゃないから、なるべくテイクアウトで飲みたい。どうでもいいこだわりだって分かっているんだけど。誰かと一緒にテーブルについて飲まなきゃいけないときは、たぶん微妙な顔をしてるんだろうなあ。初めて来た街で、そんなことを考えなくてもいいのに。帽子をかぶり直す。手にしたコーヒーを一気に飲んでしまい、ゴミ箱に捨てる。さあこれでオーケー。ああでもまた後で飲みたくなるかも。また余計なことを考えちゃうかも。考えるな考えるな、飛んでけ飛んでけ、どこかに消えてしまえ。
b0015553_18524277.jpg

[PR]
# by 4n8f | 2008-05-10 19:09
NowWaitingForBreakfast
一枚のレコードを買ってみた。レコード・プレーヤーは持っていないから当然聴けない。まったく意味のない買い物なんだけど、なんでだろう、どうしても持っておきたいものに思えて、ついお金を出してしまった。衝動買い? でも服を衝動買いして後悔することはたまにあるけれど、そのときのような感覚はまったくない。いい買い物とか悪い買い物とか、そういうことじゃなくて。それに、別にフリスビーみたいに投げて遊ぶわけでもないし、眺めるだけでもバチは当たらないでしょ。

つづき
[PR]
# by 4n8f | 2007-12-29 23:45
JustRightLeftHere
とっくに日付は変わっているのに、まったく眠くない。いつもならこの時間は夢の中だっていうのに。頭が冴えているというというより、からっぽになった気分。弱い雨が降り続く中、からっぽの私は歩く。時々私を追い越す車が立てる音も、どこか現実感がない。からっぽの私をいろんなものが通り過ぎていくんだ。オレンジ色の街灯は路面に反射してきらきらしているんだけど、ただそこにあるだけ、って感じがする。真夜中のコンビニと同じ。私はその前を通り過ぎるだけ。

つづき
[PR]
# by 4n8f | 2007-10-27 16:36
SwimSlowlySingSlowly
余計なことを考えるなと思うほど意味のないことが頭に浮かんでしまう。腕の動きと足の動きに専念したいのだけれど、頭の中がそれを邪魔する。久しぶりに入ったプールの中は思ったよりもひんやりしていて、奇妙な違和感があった。ゆっくりと泳ぎ始めてしばらくすると水に包まれているような安心感が戻ってきて、違和感は消えてしまった。それと入れ替わりに、古い音楽が聞こえてくる。天井にあるスピーカーから流れる歌はとても急いでいるような感じだ。そんなに焦ることはないのにね。

つづき
[PR]
# by 4n8f | 2007-09-02 15:58
RememberWhatYouSay
雑誌を読むのにも飽きて外を見下ろしていると、ブーンという音が聞こえた。自分のケータイはバッグに入れてお店に預けてあるし、他の人かもしれないと思ったけれど、けっこう近くから聞えてくる気がした。自分が座っているすぐ横に並べられたクッションに顔を近づけると、音が大きく聞こえた。ここ? クッションの間に手を突っ込むと、案の定ケータイに手が触れた。誰かが忘れていって、友達か誰かのケータイからかけているんだろうなあ。面倒なことになりそうだったし、これから髪を切ってもらって少し色を入れてもらうし…。でも、指が勝手に通話ボタンを押していた。慌てて店の外に出ると、耳に押し当てた。

つづき
[PR]
# by 4n8f | 2007-07-22 17:44
LookingOutOfWindow
東京から1時間ちょっとで、世界が変わる。新幹線に乗る前は蒸し暑くて参っていたけれど、降りた途端にむしろ寒さで震えた。少し経つと身体が涼しい空気に慣れる。深呼吸をしてみる。空には丸い丸い月が輝いている。冬でもないのにキラキラ輝くのは、やっぱり空気がキレイだから? いつもより月が近くにある気がするのは、高いところに来たから?

つづき
[PR]
# by 4n8f | 2007-07-14 18:39

4N8が書いていま、す
カテゴリ
音楽レビュー
フィクション
ライト・舞台
音楽配信
文章・デザイン
著作権・DRM
ライフスタイル
日常のひとコマ
そのほか
タグ
(26)
(15)
(6)
(4)
(3)
以前の記事
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
more...
メイン・ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのほか